海の底、森の奥

EXO、東方神起に関する小説など書いています。
お友達を作れたりしたらなあと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

日記 2016.3.20

皆さまこんばんは。

いかがお過ごしでしょうか。


「受容について」番外編をお送りしました。

今まで、このお話を全て読んでいらっしゃるという、奇特なお方…。

その方々全てにこのお話を捧げます。

ご満足頂ければいいのですが…。


今連載中なのが「人さらいの条件」、「食べよ、歌えよ、恋せよ」、「ふたりでいると」の3つになりますが、今、これらの話がどれも、特に人さらいさんが、まったくラブラブ(ハート)とは言えない状況で、そういうものを書きたい欲求が高まり、いつか書こうと思っていたこの話の続編みたいなものに手をつけた次第です。

やっぱり、愛を感じていたいものですよね…。


今ワインをかなり飲んでいましてちょっと酔っ払っているため、多少言うことがとっちらかっているかもしれません。申し訳ありません。


人はそれぞれ、面白い、と感じるものが違うものです。

ですが、面白いな、と思えるものに出会えたときの喜びは、完全に一致はせずとも、互いに共感できるものであるだろうと思います。

私の作品が、そういうものを得られるもののひとつ、マイノリティーかも、もしかするとしれませんが、であるといいなあ、と、高い望みを持ちつつ、精進しよう、と、まったくそういう話ではない、「アバウト・ア・ボーイ」を見ながら、決心を深めた夜でした。

クリエイティヴィティーにおけるプライドということですね。


皆さんに、この気持ちが少しでもお届けできれば…。


それでは、おやすみなさい。



春の始まった夜に。

フェリシティ檸檬

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。